7日間ファスティングを行いました!

78c44177da7e0c21c3c90865abc9d372_s

(写真はイメージです)

先月半ばに7日間「ファスティング」を行いました。

「ファスティング」は聞いたことがありますか?

最近ではけっこう知れ渡ってきたので、聞いたことがあるかもしれません。

私の感覚では、東京や都市部では知っている人が多く、
地方や田舎では初めて聞く人が多いという印象です。

はい、

ファスティング=絶食

です。

「断食」とも言えますが、断食と言うと、
修行僧とか、難行苦行のようなイメージも含むので、
私は「絶食」がより正確かなと考えています。
言葉の意味自体はほぼ同じですが、響きとニュアンスの違いですね(笑)。

私の体験では、ファスティングを聞いたことがある人はけっこう多くて、
そのほとんどの人は、まだやったことがないか、
やったことがあるけど正しいやり方でできてていない、でした。

ファスティング=絶食

と聞いて、まずそもそも、

「なんでわざわざ食事を絶つの??」
「そんなことしたら大変じゃん!」
「そんなことして体に良いわけない! 怪しい! 宗教ですか!?」

と思う人もいるかもしれません(笑)。
そう思うことも理解できます。

しかし、すでによく理解している人には言わずもがなですが、
実際はむしろ逆です。

「なんでそんなに食べまくるの?」
「そんなに食べ過ぎたら大変じゃん!」
「そんな食生活してて後々不調や病気にならないわけがない! 体は悲鳴をあげていますよ!」

の方が、現実を正しく反映しているのです。

私は仕事柄、会った人に、

ふだん体が重いか軽いか
疲れがたまるか残らないか
体温が高いか低いか

などをよく聞きますが、
今まで、「ふだん体が軽いです」と言う人に会ったことがありません。
(健康を意識して実践している仲間内は除く。その中でも少数派ですが…)

私はどうかと言えば、
体が重い、という感覚をいつ最後に感じたのか、もはや覚えていなく、
その感覚を思い出すことすら難しい、といった状態です。

もっと率直に言うと、
「毎日毎日体が重くて疲れがとれなくて、気分が冴えなくて、よく生きていられるなぁ」
と本当に思います。

気分と言えば、
私はコミュニケーションのトレーナーもやっていて、
その一環で、現在の気持ちを数値で言ってもらうことがあります。

最高に気分が良い、ハッピー!! が100で、
今すぐ死にたい、が0だとすると、
現在の気持ちは何点くらいですか?
と聞くと、

ほとんどの人は、30~60くらいの間を答えます。
けっこう50以下が多いのです。(たぶん半数以上)

これは、本当に驚きます!

「よくそんな精神状態で生きていられるなぁ」

と、心底思うのです。

余談ですが、私も若い頃ずっと20以下、いや10以下をさまよっていた時期があり、
毎日生きているのがつらくてつらくて仕方がありませんでした。

私の場合はその間何も手につかなかったので、
その状態でふつうに仕事をして生活をしているというのが、
本当に信じ難いことだと思えるのです。
想像を絶する難行苦行だと思います。

ちなみに現在私は、90を下回ることは稀で、
嫌なことがあると一時的に70くらいまで下がることはありますが、
すぐに90台に戻ります。
ここ数日は100を振り切っている状態です。

はい、この話とファスティングと何の関係があるんだ??
と思ったかもしれませんが、
これは、美容師とハサミくらい、密接に、直接的に関係があるのです。

つまり、あなたのふだんの食生活は、
おそらくあなたが思っているよりはるか以上に、
あなたの毎日の思考、行動、その結果、つまり端的に言えば”幸せ度”に、
直接影響を与えています。

私は、幸せな人生を送るカギは、
「食生活」と「考え方」が2大重要要素だと考えていますが、
ここでは「食生活」についてお伝えします。

ファスティングを正確にわかりやすくお伝えするには、一言二言では無理なので、
これから何回かに分けてお伝えしていきます。

質問やコメント等も歓迎ですのでぜひ送ってください(^^)

↓いつも応援クリックありがとうございます!



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. rhinoceros
  2. 714ef3266e1b291734a9367d1cc58e3b_s

    2017 01.17

    寒さは栄養

  3. head
  4. kayu
  5. cbd_usa
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オーガニック村の人々

オーガニック村 代表

こんにちは 健康管理士の山崎秀隆です。
元オーガニック食品業界に勤めた経験と、食と健康について広く学び実践してきたことを、皆様の実生活に役立つようにわかりやすくお伝えします。
私が食と健康に目覚めたきっかけは…続きを読む

カテゴリー