病み付きファスティング

mig

ではファスティングの続きです。

前回、私が7日間ファスティング(絶食)を行った話をしました。

「えー!? 7日間何も食べないんですか!? 私には絶対無理です!!」

と思った人も少なくないでしょう。
(実際には全く栄養を取らないわけではありません。水だけの断食は危険ですので止めましょう。)

まず、そもそも絶食をする意味・意義がわからなければ、
当然そんなことをやる気にはならないし、私ももちろんやりません(笑)。

何の知識もなくふつうに考えたら、
ただ食べ物が食べられないだけの苦行にしか思えません。
なのでほとんどの人は、ファスティングと聞くとまず決まって上記のようなリアクションをします。

一方、私にとっては、ファスティングはすごく楽しくてワクワクするものです!

なぜか?

ファスティング(絶食)をすることで、
身体中の細胞が絶叫するくらい喜ぶことを、
理論的にも、体感からも、理解して知っているからです。
「病み付き」という感覚に近いです(笑)。

少し余談ですが、
私は身体や食べ物の勉強をするとき、
いつも頭の中でアニメーション動画を動かしています。

例えば、この成分が入るとこれがこうなり、
その結果こうなるから、こういう体感や効果があるのか、
ここの具合が悪くなってこういう病気になるのか、

という具合に、まるで自分が身体の中を実際に旅して見てきたかのように、
動画イメージを描いています。

私はいつもこのように理解するので、
人に会って話すときに、相当強いインパクトを伴って相手に伝わるようです。
「他の誰から聞いても今ひとつわからなかったけど、山崎さんから聞いたら完璧に理解できました」
というようなことをよく言われます。

あなたももし人に伝えることをしているなら、参考にしてみてください。

で、何が言いたいかというと、
私は全てそのように理解しているので、
ファスティングを行うことが、どれほど異次元に身体に良いか、
身体中の細胞が感激絶叫して喜ぶかが、ありありとわかるのです。

こういう話をすると、表面的な雰囲気でしか物事を判断できないバカな人は、

「怪しい~」
「何それ宗教っぽいですね、怖いです」

とか言いますが、

いやいや、細胞の話をするのが怪しくて怖いんなら、
お前今すぐ生きるのやめてしまえよ(笑) で終了ですね。

人間にとっての細胞というのは、
木造建築物にとっての木みたいなもんですから。

はっきり言いますが、

体調が悪いのも、
よく風邪をひくのも、
気分が冴えなくてイライラするのも、
いまいちやる気や元気が出ないのも、
集中力が続かずボーっとしてしまうのも、
疲れが取れない、身体が重いのも、
冷え症が治らないのも、

全部、
『細胞がきちんと働いていない』
ことが原因です。
(ちなみに私はここ7,8年くらい風邪を引いた記憶がありません)

細胞が喜ぶことをふだんからきちんとやっていたら、
心も身体も、むしろ不調になることの方が不可能なのです!

そして、ファスティング(絶食)は、この上なく細胞が喜び感動することなのです!
その結果、その主である人も、絶叫するくらい幸せな感覚に包まれるのです。
これは、実際私が先月ファスティングを行って以来ずっと感じ続けていることです。
常に風光明媚で気の良い観光地にいるような気分です。

では、細胞が喜ぶことと、嫌がることとは何なのか?

キーワードは、
「毒素」
です。

続きはまた次回お話しします。

↓いつも応援クリックありがとうございます!



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 714ef3266e1b291734a9367d1cc58e3b_s

    2017 01.17

    寒さは栄養

  2. 78c44177da7e0c21c3c90865abc9d372_s
  3. %e7%94%9f%e5%91%bd%e3%81%ae%e9%8e%96%e7%90%86%e8%ab%96
  4. exercise

    2016 01.20

    運動の効果

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オーガニック村の人々

オーガニック村 代表

こんにちは 健康管理士の山崎秀隆です。
元オーガニック食品業界に勤めた経験と、食と健康について広く学び実践してきたことを、皆様の実生活に役立つようにわかりやすくお伝えします。
私が食と健康に目覚めたきっかけは…続きを読む

カテゴリー