慢性疲労の原因と解決法-1 水を飲む

水を飲む女性

あなたはふだん、

体は軽いと感じますか?
重いと感じますか?

私はオーガニック食品と健康に関する仕事をずっとやってきたので
ふだんからよくこんな話をしますが、
特に健康を意識している人以外で、
「体が軽いです」
という人には今までほとんど会ったことがありません…

ほとんどの人は、
「ああ体はいつも重たいです。。毎朝起きるの辛いし」
「疲れが取れなくて、体が重く感じる」
と言います。
(それでよく生きていられるな〜と個人的には思いますが)

現代人は、もはやそれがふつうだと思ってしまっているのかもしれませんが、
決してそんなことはありません!!

実際私は体が重いと感じることはふだんまずありません。

本来人間は毎日身も心も朗らかに生きることができます。

そしてだいたい身体と心は連動していますから、
身体が重ければ心も重めの人が多いのです。

「私は身体はすごく重たいですが、毎日すごくウキウキしています! ハッピーです!」
とか、
「私はすごく体調が良くて健康なんですが、引きこもりで鬱なんです」
という人は、あまりいないと思います(笑)。

やはり体も心も明るく朗らかな方が何をやるにもはかどりますし、
相手に与える印象も確実に良くなるので、
人生全般が好循環に回り始めます。

だから、「体が重い」という人は、
それはふつうの状態ではないということをまず知って、
その状態からできるだけ早く脱出して欲しいと思います。

体が重いというのは、
全身の代謝の流れがどこか、あるいは全体で滞っていて、
排出されるべき老廃物(毒素)が体に残っていて、
必要な栄養素が体に行き渡っていない状態です。

逆に体が軽くなるというのは、
全身の老廃物が抜けて代謝がスムーズになり、
必要なものが速やかにきっちりと体全体に行き渡ることです。

わかりやすく例えるなら、
風邪をひいて鼻が詰まっているとすっきりしませんが、
風邪が治って鼻ク○もきれいに掃除してスーッと息が通ると、
すごく爽快な気分になるのと同じです。
それが全身レベルでも同様に起こっています。

代謝が良くなって全身の老廃物が排出されて必要なものが巡り始めると、
毎日パワーがみなぎり、気分もすっかり良くなってきます。

「なんか最近さわやかですね」
「すごく健康的ですね」

とか言われたりもします。

それでは、簡単にお金をかけず、手っ取り早く健康で軽い体になる方法とは…??

それは、

「水を飲んでください」

はい、何も入っていないただの水です。

「ただの水を飲んで何か良くなるんですか??」

と思うかもしれませんが、
実は水ほど低コストで簡単に健康を増進してくれるものはないと思います。
まさに水こそ最高の良薬です。

現代では、ふつうに生活しているだけで
かなりの種類・量の有害物質をどうしても取り込んでしまいます。

・農薬
・添加物
・大気汚染
・抗生物質やホルモン剤漬けの家畜や養殖魚
・有害ミネラルや汚染物質を含んだ魚
等々

現代に生きている限り、こういったものを
全て避けて通るのはほとんど不可能です。

そしてこういった有害物質が体内に蓄積すると、
細胞の代謝活動や体のあらゆる働き・機能を鈍らせ、狂わせていきます。

ですから、完全に避けるのが難しいなら、
早く出してしまわないといけません。
まずそのカギを握っているのが、水なのです。

心臓・血液・腎臓がトリオとなって、
常に体の中を洗浄、浄化し、体内に入ってきた有害物質を
ろ過、排出してくれています。

しかしこの浄化システムは、
余剰物を捨てるのに十分な量の水があるときに限って、
効率よく働くことができます。

つまり、水が不足しただけで、
本来排出されるはずの有害物質が排出されずに
体内に残ってしまうのです。

お茶やジュースと水は、全く違います。
すでに何かが溶け込んでいては、
有害物質を取り込むことができません。
何も含まれていないきれいな水を飲んでください。

水道水は、そのままでは飲むのには適していませんし、
ミネラルウォーターは飲み続けるには高くつきますから、
しっかりした浄水器を買うのが、長い目で見ればいちばん経済的でしょう。

コーヒーやジュースなどを飲まなくなれば、
1ヶ月で3000円〜6000円くらいは節約できます。

それが難しければ、水道水を沸騰させて塩素を除去するのも良いでしょう。

水筒に入れて持ち運べば、外でも良質な水を補給できます。

ただし、浄水器を通したり沸騰させた水は塩素が除去されているため雑菌が繁殖しやすいので、
夏場はできるだけ涼しいところで保管して、早めに飲みましょう。

雑菌がわいた水はにおいや味ですぐにわかりますから、
まずいと思ったら迷わず捨てた方が良いでしょう。

飲む量は、人によって適量は違いますので、
最初はできるだけ多めに(1日2リットルまで)飲んでみて、
体が変わってくるのを感じ始めたら、ふつうにたくさん飲みたくなりますので、
その後は自分が欲しい、快適だと思う程度に飲むと良いです。
ちなみに私は1日たぶん1リットル〜2リットルくらい飲んでいると思います。

それから、水を飲むタイミングにも注意してください。

基本的に水以外のお茶やジュースなどは、
いったん胃の中で留まり、消化吸収されますが、
何も含まれていない水だけは胃を素通りしていくことができます。

ですからあまり神経質になることはないのですが、
食事中に大量の水を飲むと、消化液が薄くなって消化を妨げる、
という人もいます。

水を飲むときは、食事の前か、
できる限り食後3時間以降に飲んでください。

アルカリイオン水も同様です。
胃の中はたんぱく質などを消化するために強酸性に保たれていますが、
アルカリイオン水は真逆のアルカリ性ですから、

水は基本的に胃を素通りしていくとはいえ、
できる限り食事中には飲まないようにしましょう。

ただ水を飲むようになっただけで、
体が軽くなった! 疲れが溜まらなくなった!
毎日とても清々しい気持ちで過ごせるようになった!
という人はたくさんいます。

ほとんどお金がかからない割にかなり効果のある方法なので、
ぜひ一度試してみてください。

↓いつも応援クリックありがとうございます!



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. head
  2. 有機野菜とは何か?
  3. %e7%94%9f%e5%91%bd%e3%81%ae%e9%8e%96%e7%90%86%e8%ab%96
  4. cbd_usa
  5. kayu
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

オーガニック村の人々

オーガニック村 代表

こんにちは 健康管理士の山崎秀隆です。
元オーガニック食品業界に勤めた経験と、食と健康について広く学び実践してきたことを、皆様の実生活に役立つようにわかりやすくお伝えします。
私が食と健康に目覚めたきっかけは…続きを読む

カテゴリー